タニシに負けず、立派に大きくなってね

ジャンボタニシ捕獲装置の効果を楽しみに田んぼに向かったSINRINGAKU田植えクラブ。

だいたい予想はしていましたが(笑)まさかのタニシの量にびっくり!

大きな葉っぱを置いてみるとこんな風に食べられます。食欲旺盛!

残念ながら、捕獲装置作戦は今年は失敗に終わったようです^^;
気を取り直して。。この日は苗取りの作業から。

まずは立派に育った畑苗を掘り起こし、土を払って一本づつにし、数十本に束ねます。
このわらを巻く作業が結構コツがいるので不器用なスタッフKは大苦戦。
苗取り後は、田んぼに苗を移植(田植え)です。
苗が丈夫に育つために約30cmの間隔をあけながら植えていきます。

一年ぶりの田植え、懲りずに長靴でトライしたスタッフK。
ぬかるみに足を取られ、あまりの作業効率の悪さに15分で長靴を脱ぎ捨ていつもの裸足スタイルへ。

好天に恵まれた午後、田んぼの水は思いのほか生ぬるく
久しぶりに土の感触を思い切り味わうことができたのでかえって楽しめました。

しかし裸足にもなったのにバランスを崩し、
ドロドロになったのでイマイチ写真が取れなかったのですが、
なんとか楽しくみんなで田植えの作業を終えました。
今年も美味しいお米が実りますように~!