緑米の種下ろし

田舎暮らしマスターのノブコ隊長のもと、
SINRINGAKUで完全無農薬のお米作りを
手伝うようになって今年で3年目。
今日は緑米の種下ろしを手伝いました。
「種下ろし」とは、田畑に作物の種をまくことです。
事前に雑草や草の根を取り除き、
ならした土の上に、種籾(たねもみ)をまいていきます。

—— 種下ろし——— 

1. 雑草の根などを取り除き、土をならします。
2. 種籾(たねもみ)をまいていきます。

3. 種籾が隠れるくらい、土をかぶせます。
4. もみ殻をいぶし焼きにして炭化させた
「もみ殻くん炭」を土の上にさらにかぶせます。
(カチカチの土をフカフカにすることができます)

5. 押し切りという道具を使って切った、
藁(わら)をのせていきます。
(下の土が見える程度に薄めに敷きます)
6. よく乾燥させた長いわらをお布団を
優しくかぶせるように敷いていきます。
(素朴な「敷きわら」は日よけや虫よけ、
防風などのほか、寒い時期には防霜にも効果があるそう)

7. 最後に竹をおき、藁をおさえます。
8. 鳥獣よけの糸とまわりにテープを張り巡らして作業は終了

今年も心地よい風がふく、気持ちがよい風景の中で
楽しく作業ができました。
丈夫な苗がそだってくれますように♪