地域の木を暮らしに活かしてほしい

SINRINGAKUのメンバーで、
地域で林業を営む國武信子さん。
古くから木を取り入れた暮らしを実践し、
自然や森を楽しみながら暮らす
田舎暮らしのスタイルに憧れる人も多く、
県内外に幅広い人脈を持つ、林業女子です。

SINRINGAKUのコンセプトは、
『森は楽しい』ですが、
地域で林業を営む國武さんの願いは、
地域の木をもっと暮らしに活かしてもらいたい
というものでした。
一般的にふだんの暮らしからは、林業は木材は
なかなか容易には結びつかない現状のいま。

地域の木をなんとか暮らしに活かせないか
と考える國武さんの願いに
後押しされた私たちSINRINGAKUは、
まず、地域の山の現状や森のことを知ること
(または知る機会を作ること)から始めようと
考えました。

私たちは森を楽しむことで、
地域の山や木について考えるきっかけの場を
作りたいと思っています。
そして、そこから繋がった仲間が、
少しずつでも地域の木に興味を持ち、
実際に使う機会へのお手伝いができればと
考えているところです。

皆さんも地域の山や森に育った木を使う
楽しいコトやモノを一緒に考えてみませんか?

木育部の活動についてはこちら